ピアノをもっと気軽に趣味にしよう!

簡単にピアノを始める

ピアノの教室の選び方

ピアノの教室には様々な種類があり、目指す方向性を考えた上で選択しなければなりません。
趣味程度に習いたいのか、子供の情操教育の一環として習わせたいのか、或いは将来はプロとして活躍したいという意志があるのかなど、目標によって違ってくると言えます。
また、ピアノの教室には企業が運営しているところと個人で教室を開いているところがありますので、その点からも選択項目を考える必要があります。
趣味程度であるなら特別な判断基準はありませんが、子供なら自宅の近く、大人ならライフワークにマッチした環境で楽しく学べるところが良いでしょう。
情操教育を考えるなら、マンツーマンではなく5歳以下の子供にリズム感や音感を養うために遊び感覚でのグループレッスンから始めているところが望ましいでしょう。
本格的にプロとしての教育を考えるのであれば、スタート時点でのレッスンは非常に重要なポジションを占めるので、多くの専門家からのアドバイスを元に決定すべきと言えます。

ピアノ教室で何を学ぶ、又は学ばせたいですか?

子どもの習い事と言えばピアノと言われた時代はもう昔、とは言え、やはりまだまだ人気の習い事で、最近では大人の方が趣味として始められるケースも多いとか。
実はこの習い事、演奏の技術だけではなく、プラスアルファの良い事もあるのです。
まずは楽器の音に癒されると言う事があります。
大人も子どもも日々生活の中で電子音に囲まれ、耳が疲れてしまっているのが現代人です。
鳥のさえずりや水のせせらぎ等、意識しないと自然の音が耳に入りにくいような暮らしの中、電気を通さないアコースティックなピアノの音は、やさしく私たちの脳にゆらぎを与えてくれます。
教室に行って音を聞くだけでも癒しの時間になるかもしれません。
いざレッスンとなると、姿勢がまず大事で、姿勢を良くすることで脱力と、視界の確保へとつながっていくのです。
そして指を動かす事と同時に楽譜を読む事です。
楽譜の先を読みながら指を動かす事で、脳への刺激になっていくので、大人の方であればいわゆるボケ防止、子どもであれば先を読み解く力がついてくるのです。
脳科学者がピアノ教室を勧めるのも納得です。

『ピアノ 教室』 最新ツイート

@140novels_896

*教室に入ると、先輩がピアノを弾いていた。ピアノ弾けたのかなんて考えつつ入り口から見守る。先輩は俺に気付いてないようで、迫真の演奏をしていた。「……ん?」ピアノの陰に何かが見えた。そっと近づくと先輩がぎょっとした目でこっちを見る。「はー成程」ボタンを押すと、演奏はぴたりと止んだ。

1時間前 - 2017年05月23日


@uko_piano1

どんな教室でピアノを習いたいか? 大手の音楽教室なら、グループ、個人のレッスン有 メソッドも確立し教材もオリジナルで、先生も教授法を学んでいて、 ついていけば上達可能。 個人教室は、融通が利くというが利点。 生徒や親との意思の疎通を取りやすく、きめ細やかな レッスンが期待できる。

1時間前 - 2017年05月23日


@oldUNICORNbot

ピアノ、というかオルガン。YAMAHAの音楽教室。4歳からだったね。も、これは自分の意思とは関係なくて、知らないうちに弾いていたという……。発表会の時は蝶ネクタイに半ズボン、それに赤いカウボーイハットなんかをかぶって出たこともあった(笑) 〈阿部〉

1時間前 - 2017年05月23日


注目サイト

中学生のための留学
http://www.nexsis.jp/

Last update:2015/12/2

Copyright 2015 簡単にピアノを始める  All Right Reserverd.